パイプカット(男性避妊手術)バー

パイプカットは、男性の確実な避妊手術です

パイプカットは、男性の確実な避妊手術です。正しくは、「精管結紮」といいます。
精子を送る管である精管を結紮して切断する方法ですので、後々子供が必要になったりして元に戻したいという場合でもほとんど戻す事はできません。
パイプカット手術を受けるには、30歳以上の方で奥様の同意が頂ける方(奥様の同意書があれば、相談当日の手術も受けられます)お子さんが1人以上いらっしゃる方が条件となります。

パイプカット(男性避妊)手術方法

パイプカット(男性避妊手術)精子が造られる睾丸から延びる精管は通常2本有りますのでその管を切断します。
陰嚢(いわゆる“ふくろ”)1本につき1cm程切開し精管を取り出し切断し確実に糸で縛り断面を電気で潰していきます。
先にもふれましたが精管は2本ありますので同じことをもう一度行います。
手術後射精はできますが、精子の流出を止める手術で精液の中に精子が含まれていない状態にするのがパイプカットです。精管だけの治療なので、術後の射精感は今まで同様全く変わりませんので安心して下さい。
また、男性ホルモンや勃起や射精に変化はございません。
手術直後、普通にご帰宅いただけますし、痛みも少なく安心です。
完全無痛麻酔での治療がおすすめです(別途52,500円)
パイプカット(男性避妊)手術の場合、切開部は局所麻酔で痛みは感じませんが、体の深部までは局所麻酔では効きません。精管を取り出す際に強く引っ張られる感じがします。
マスク麻酔(ガス麻酔)を併用することで、完全に寝ている間に完全無痛で手術を受けることが可能です。
患者様は、いつ治療が始まったのか、わかりません。いつの間にか心地よい眠りにつき、目が覚めたら手術が終了しているという夢の麻酔方法です。


術後、セックス、マスターベーションは3週間禁止です。
その後、精管に残っている精子を追い出す為に20回以上射精してから精液検査を行います。
精液検査の結果が出るまでは避妊が必要ですが、精子が残ってなければ避妊は不要になります。

手術時間は40分程度
■パイプカット(男性避妊)手術治療後の注意
治療後、陰茎切開部にガーゼが3日間つきます。
術後、3日間は患部が濡れないようにして下さい。
4日目からはシャワーが可能です。入浴は8日目から可能です。
抜糸は2週間後になります。
SEX、マスターベーションは3週間後から(検査前ですので避妊をして下さい)
その後20回以上射精をしてから精液検査を行います。
精液検査は術後1ヶ月以降を目安に行います。

パイプカット(男性避妊手術)料金

治療内容 治療費(税別)
パイプカット(男性避妊手術) 200,000円

フリーダイヤル

相談フォーム  予約フォーム

帯広中央クリニックアクセス
帯広中央クリニック
北海道帯広市西4条南10丁目34 センターシティ1F
JR帯広駅徒歩5分
P駐車場有駐車場あり

googlemaps